MUSIC A GO GO

walkonblog.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 27日

@way Live at CHICKEN GEORGE

昨夜、@way(アウェイ)のライブを、
チキンジョージに見に行ってきた。





アウェイとは、今から3年前、WALK-ONをやる前に関わっていた
「Meet The Beat in KATO」というアマチュアバンドコンテストで知り合った。
その時のふたりは、まだ高校生だった。


その後、WALK-ONというライブ企画グループを始めた僕らは、
ちょうど1年前の2009年1月24日、
(現在は閉店してしまった)「注文の多い料理店」で
彼らにとって初のワンマンライブを企画した。
09.1.24 アウェイ@注文の多い料理店


1年前のアウェイは、本当に泥まみれの原石状態だった。


唄のピッチは、はずれる。チューニングに時間がかかりすぎる。
MCは要領を得ない・・・等々、
人前で演奏する術を全く知らない初心者だった。

それでも、半ば強引にWALK-ONとしてアウェイのワンマンライブを用意したのは、
それらを差し引いても余りある彼らの才能に惹かれたから、だった。


その後、リクオLiveのO.A.というステージも用意した。
09.4.12 リクオLive


そして、あのワンマンライブから1年経った昨夜・・・


彼らは、1年前のアウェイとはとても同じとは思えないほど
素晴らしいステージを披露してくれた。


まだ20歳という伸び盛りとはいえ、
たった1年で、人間はこんなにも変われるものなのかと
驚嘆させられるほどの成長の跡を、僕らに見せてくれた。


唄に関しては、
ゆうきの唄のピッチが本当に安定した上に、
ツルギの声が前にもまして突き抜けてきた。

そして、何よりも感心したのが、曲のアレンジだ。
1曲、1曲、本当に時間をかけて、試行錯誤しながら、
丁寧に作り上げていったと思わせる緻密さが、随所に垣間見られた。

特に、『本当の事』は・・・素晴らしい出来に仕上がっていた。


MCも、ちゃんとお客さんとの距離を心得たものになっており、
チューニングもその中で済ませられるようになって、
終始、自分たちのペースでステージを進行できていた。。


ルックスも垢ぬけてきて(笑)、特にツルギのヘアースタイルは、
ストーンズのブライアン・ジョーンズを彷彿させるインパクトがあった。
(一部にはツルギのカツラ説も浮上していたが・・・)



しかし、人間とは欲深いもので、
アウェイの素晴らしいステージに酔いしれたにも関わらず、
終わった瞬間には、さらなる課題を提示して、
より一層の成長を促す自分がいた。


彼らの才能には、まだまだ無限の伸び代がある。

そう確信させるものが、今のふたりにはあるのだ。


それを裏付けるかのように、彼らの周りの音楽関係者からの賞賛の声も、
ちらほら僕の耳にも届き始めている。



これでようやく、アウェイの2人は、スタートラインに立てたのかも知れない。



2人のやるべき事は山積みだけど、
1年後の彼らは、今の僕たちが全く想像できない姿に成長しているかもしれない。


それぐらい、アウェイには、彼らの音楽を通じて、
僕らの想像を超えた表現をみせてほしいと願っているし、

僕らをまた驚かせ、希望を与えてくれると、強く信じている。
[PR]

by walkonmusic | 2010-01-27 12:22 | Live Report


<< WATER WATER CAM...      2010.1.20 『リクオ&... >>