MUSIC A GO GO

walkonblog.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 29日

WATER WATER CAMEL 3rd.Album Release Tour!! 「ハロー、アタラクシア」 at 神戸Cafe Fish

昨夜、WATER WATER CAMEL のライブを、
WALK-ONスタッフと一緒に、
神戸Cafe Fish に見に行ってきました。





WWCの存在は、去年の杉瀬陽子 Live at 「注文の多い料理店」の時に、
陽子ちゃんや、スタッフのカージーさんから、
一番のお勧めバンドだと聞いていました。

ライブの数日後、直ぐに、彼らのアルバムをチェックしました。

彼らのCDから聞こえてきたその音は、非常に完成度が高く、
リラクシンミュージックとしても、ポップミュージックとしても、
当然、ロックミュージックとしても、
本当に高性能な音楽でした。


例えば、
「あの“はっぴえんど”が、時空を超えて今この時代に現れたら、
きっとこんな音をだしただろう。」
と僕に確信させる程、彼らのアルバムには充分な音が満ち溢れていました。


それから1年-。
なかなか彼らのライブを見る機会に恵まれず、
昨夜、ようやく念願かなって、初WWCライブを見ることができたのです。


メンバーは、WWCの3人(Vo,G,B)と、
サポートメンバーのDr(これが、メチャクチャいいDr!)と、
ツアーを一緒に廻っている「たゆたう」の2人(Vi,Vo)の計6人でした。


そして、肝心の演奏は…



それは、僕らの予想を遥かに超えたグルーブ感!
そしてそのグルーブが、僕たちをあっという間に包み込んでしまいました。


それはCDで聞く音よりも、ずっとエモーショナルで、
まるで大きな雲の上に乗せられて、フワフワと空高く上がっていくような、
何とも言えない高揚感というか浮遊感に覆われていました。
一緒に行ったスタッフも、得も言われぬ幸福感、
これ以上ない程のピースフルな感覚に陥ったと言っていました。

この夜のCafe-Fishには、中学生の時にWWCを結成して、今年で15年目になるメンバー達の、
息の合った熟成したバンドアンサンブルが漂い、
その中で、本当に安心しきって身をまかす僕達がいたのでした。


ライブが終わっても、しばし放心状態の僕達でしたが、

スタッフでライブ会場にいたカージーさんと話をし、
カージーさんにWWCのメンバーを紹介してもらって、
いつか加東市へWWCに来てほしいと強くお願いしたのでした。


そして、帰る道々、しみじみとスタッフと話したのでした。

こんな素晴らしいバンドが、どこのレーベルにも属さず、
全く独自の活動をずっと続けているという事実が嬉しいだけでなく、
とても大きな勇気をもらえたような気がする、と。


WALK-ONとして、今年もいっぱい呼びたいMusicianはいるけれど、
その中でも、是非、近いうちに、
WATER WATER CAMELのライブは実現させたいとおもいます。


加東市にラクダのキャラバン隊がたどり着き、
幸福な音に満ち溢れたオアシスが現れるその日まで、

乞う、ご期待!
[PR]

by walkonmusic | 2010-01-29 15:42 | Live Report


<< いよいよです!      @way Live at CH... >>