MUSIC A GO GO

walkonblog.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 21日

7.20 GREENS 20th Anniversary Live ~Thanks to all !! ~『音演会』


肌を焦がすような真夏の暑さの中、
行ってまいりました、神戸北野ウィンターランド。

Greensさんのアニバーサリーライブということで、
こんなな素晴らしいブッキングと、あいなったのですね。

はぁ・・・いま見たかったアーティストが
のっけ盛り状態で、非常におなかいっぱいでございます。







>>>>>>>>>>>>

<GREENS 20th Anniversary Live ~Thanks to all !! ~『音演会』>

@神戸ウィンターランド

出演 友部正人 曽我部恵一 ワタナベイビー

時間 18:30 open / 19:00 start

料金 前売 ¥3,150 当日 ¥3,500


<<<<<<<<<<<


昨日は、7.4のリクオさんのブログに、
大変愛想のない様子で写っているうちのBOSSと
満を持して行って参りましたよ。


TOPは、曽我部さん。

うちのBOSSが言ってましたけど、曽我部さんの声って、
なんか波長というかなんというか、何かが違うのです。
単純に言ったら、「上手い」ってことに集約されてしまうのでしょうけど、
それだけではなくって、なんか他とは違うところで響いている、
というか・・・共鳴しているように思います。

あと、歌詞が非常に聴き取りやすいとも。。

平易な言葉を用いているということではなく、
言葉ひとつひとつがしっかりと聴こえてくる。

これも曽我部さんの持つ魅力というか、才能だと思います。


2ndは、ワタナベイビー。

もう、下手ウマというか、素直というか、キュートというか。。。

ワタナベイビーを見て思ったんやけど、
他のジャンルはよくわからないけど、

「上手くないけど、いい!」とか「味わい」とか

そんな領域でちゃんと歌を歌っていける、
このライブハウス系ミュージックというか
ポップミュージックというか・・・
ロックというか・・・

そんな許容範囲の広い、この音楽の領域が大好きです。

ホフ・ディランの「スマイル」、泣かせていただきました。。


そして、友部さん。

最近、あたくし、友部さんはツボすぎて、
縦横無尽に泣けます。

赤いボブ・ディランのTシャツを着ていらしたんやけど、
歌い始めてから、友部さん自身が
ボブ・ティランと重なって、かっこよすぎて泣けました。

「Like a Rolling Stone」 やばかった。


そして、最後の3人でのセッション
「Speak Japanese」

涙チョチョ切れました。



ワタナベイビーの たどたどしさ

曽我部恵一の 直球勝負

友部正人の 天然と人間くささの境界線


曽我部さんと友部さんは初共演ということで、
スムーズさには欠けるところもあったけど、

一度で何度も美味しいライブでした。



あと・・物販に精を出す、曽我部恵一は、非常に新鮮でした!

よっ、営業上手!
[PR]

by walkonmusic | 2010-07-21 09:58 | Live Report


<< 愛すべき、音楽野郎      恐ろしいことが起こりました・・・。 >>