MUSIC A GO GO

walkonblog.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 16日

いま揺れていいのは、おっぱいと 恋心だけだ!

いまツイッターで、たくさんの心温まるつぶやきをまとめたサイトが注目を集めています。


pray for japan

その一部を抜粋しました。





子供がお菓子を持ってレジに並んでいたけれど、順番が近くなり、レジを見て考え込み、レジ横にあった募金箱にお金を入れて、お菓子を棚に戻して出て行きました。店員さんがその子供の背中に向けてかけた「ありがとうございます」という声が、震えてました。
@matsugen

NHKの男性アナウンサーが被災状況や現況を淡々と読み上げる中、「ストレスで母乳が出なくなった母親が夜通しスーパーの開店待ちの列に並んでミルクが手に入った」と紹介後、絶句、沈黙が流れ、放送事故のようになった。すぐに立ち直ったけど泣いているのがわかった。目頭が熱くなった。
@bitboi

”暗すぎて今までに見たことないくらい星が綺麗だよ。仙台のみんな、上を向くんだ。”
@現地での会話

M9.0 世界最大級となったのか。
じゃ、今後復興のためのエネルギーも愛も、世界最大級にしなくちゃ。
@junyaishikawa

避難所でおじいさんが「これからどうなるんだろう」と漏らしたとき、横に居た高校生ぐらいの男の子が「大丈夫、大人になったら僕らが絶対元に戻します」って背中さすって言ってたらしい。大丈夫、未来あるよ。
@nekoshima83

停電すると、それを直す人がいて、断水すると、それを直す人がいて、原発で事故が起きると、それを直しに行く人がいる。勝手に復旧してるわけじゃない。俺らが室内でマダカナーとか言っている間クソ寒い中死ぬ気で頑張ってくれてる人がいる。
@yoh22222

日本全国の皆さん。やさしさを失わないで下さい。弱い人をいたわり、互いに助け合い、許そうとする気持ち失わないで下さい。あなたが不安な時、きっと周りの人も不安なはずです。これが私達の願いです。私達も同じ気持ちで頑張ります。
@ウルトラマン&スタッフ

都心から4時間かけて歩いて思った。歩道は溢れんばかりの人だったが、皆整然と黙々と歩いていた。コンビニはじめ各店舗も淡々と仕事していた。ネットのインフラは揺れに耐え抜き、各地では帰宅困難者受け入れ施設が開設され、鉄道も復旧して終夜運転するという。凄い国だよ。GDP何位とか関係ない。
@rasuku

ホームで待ちくたびれていたら、ホームレスの人達が寒いから敷けって段ボールをくれた。いつも私達は横目で流してるのに。あたたかいです。
@aquarius_rabbit

韓国人の友達からさっききたメール。「世界唯一の核被爆国。大戦にも負けた。毎年台風がくる。地震だってくる。津波もくる。・・・小さい島国だけど、それでも立ち上がってきたのが日本なんじゃないの。頑張れ超頑張れ。」ちなみに僕はいま泣いてる。
@copedy

国連からのコメント「日本は今まで世界中に援助をしてきた援助大国だ。今回は国連が全力で日本を援助する。」
@akitosk

一回の青信号で1台しか前に進めないなんてザラだったけど、誰もが譲り合い穏やかに運転している姿に感動した。複雑な交差点で交通が5分以上完全マヒするシーンもあったけど、10時間の間お礼以外のクラクションの音を耳にしなかった。恐怖と同時に心温まる時間で、日本がますます好きになった。
@micakom

物が散乱しているスーパーで、落ちているものを律儀に拾い、そして列に黙って並んでお金を払って買い物をする。運転再開した電車で混んでるのに妊婦に席を譲るお年寄り。この光景を見て外国人は絶句したようだ。本当だろう、この話。すごいよ日本。
@kiritansu

駅員さんに「昨日一生懸命電車を走らせてくれてありがとう」って言ってる小さい子たちを見た。駅員さん泣いてた。俺は号泣した。
@oka_0829

ディズニーランドでは、ショップのお菓子なども配給された。ちょっと派手目な女子高生たちが必要以上にたくさんもらってて「何だ?」って一瞬思ったけど、その後その子たちが、避難所の子供たちにお菓子を配っていたところ見て感動。子供連れは動けない状況だったから、本当にありがたい心配りだった
@unosuke



「いま揺れていいのは、おっぱいと 恋心だけだ!」



 私もいま、この言葉に救われております。
 日本っていう国は、まんざらじゃないんですね。


 ウチのスタッフも、明日から支援のために、被災地に入るとのこと。
 頑張ってほしいという気持ちと同時に、
 物資も乏しい極寒の地での活動で 体調など崩さないようにしてほしいと願っています。
 なんにもできることはないけど、カイロと毛糸のパンツと腹巻を持たせたいと思います。
 せめてもの父と母心です。

 そいつは優しい男なので、たくさん被災地の人たちの話を聞いてあげてほしいです。
 そんで、優しさをみんなに支援してほしいです。
 もしかしたら、大切な救援物資になり得るかもしれません。
 優しさは、灯油やパンみたいなものには負けるかもしれんけど、そんでも・・・。
 
 とにかく元気で行って、帰ってきてほしいです。。

 みなさんも、そんな「優しいだけの男・役所タケシ」にメッセージを!

 
[PR]

by walkonmusic | 2011-03-16 15:03 | Diary


<< 3/21 「リクオ prese...      3.20 リクオ presen... >>